04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方茱麗葉 第2話

2007.05.26 *Sat*
第二話

学校のみんなと川べりのキャンプ場に遊びに来ていた穗は、ペチャパイを笑われた(笑)ことを川で石を投げながらぼやいているところを亮に聞かれてしまう。
穗は亮に緒方の事務所でのことを詫び、あの時の話は忘れてほしいと言う。
だが、「誰もそんな話信じてくれないもの」と自嘲する穗に、亮は「お前の話なら俺は信じるよ」と言ってくれる。
2人が話しているところに、他の仲間が川に遊びに来たのを見かけて、遠くから手を振ろうとした穗は川に落ちてしまう。
穗はついと仲間は笑っているが、亮は真っ先に下着が透けていることに気づき、慌てて自分のシャツを着せようとする。
さらにからかう男子に本気で殴りかかるのだった…

あくる日、一人バーベキューの材料を切っているところに亮が現れる。
そして「林檎を剥いてる姿がいい感じたよ」と、歯が浮くようなトキメキフレーズを言ったばっかりに、穗はつい手をナイフで切ってしまう。
走ってどこかへ行ってしまった亮と入れ替わりに阿司が来たので、亮の受賞のお祝いパーティーの計画をこそこそと立てているところに、救急箱を持った亮が戻ってきてしまう。
2人の親密なムードにがびーんな亮。
さらに2人が一緒にどこかへ行くのを見たという話まで小耳に挟み、ますます心中穏やかでない亮。
そうとは知らない穗は明るく亮に話しかけるが、不機嫌な様子を見て思わず「妬いてるの」と言ってしまう。
だが亮はつい冷たくしてしまい、深く傷ついた穗は草むらで転んでしまいそのまま号泣するのだった。

夜になって、はじめてみんなが自分を祝う為にパーティーの準備をしていてくれたことを知り、慌てて穗の下へ向かう。
「やっぱりやきもちだったんじゃない」と言ってにんまりする穗に謝り照れ笑いする亮。
穗の首に転んだ時にできた傷を見つけ、亮は思わずそこに口付けをしてしまう。
そしてそのまま2人は不器用に抱擁し合った。。

手をつないでの帰り道、「緒方を倒すまでは恋愛しないって誓ったのに、その誓いを破っちゃった」という穗に、亮は思わず黙り込む。
そして「君の辛い時はいつでも僕が君を守る。でも君の気持ちは受け入れられない」という亮。
穗にはそれがなぜだかわからない。
走り去ってしまう亮の背中に、絶望を隠せず涙する。

帰ってきた後も、煮え切らない穗は亮から事情を聞こうとする。
だが彼に避けられてしまい、再び落ち込むこととなる。
めげずに駅まで追っかけるが、「君はいつか僕を恨むことになる」とだけ言い、そのまま電車に飛び乗ってしまう。

やけになった穗はPUBでお酒を呷っていたが、トイレに行く途中で女性と親しげに話す亮に鉢合わせる。
どうしてわたしを拒むのかと問う穗に、亮は「お前なんか好きじゃないんだ」とみんなの前で言ってしまう。
だが立ち去ろうとする亮の前に立ちはだかり、首筋のキスマークを見せつけ挑発する穗に別の男が誘いをかけ、その場で乱闘が起きてしまう。
収集がつかなくなってしまい、2人は仲間を残し逃げる。
2人は店の外に向かう途中、褚形と愛人に出くわすが、亮が緒方を父さんと呼ぶのを聞き、彼女は何もかも悟り逃げようとするが、亮は「俺の方があいつを憎んでる」と言う。

彼の母親は癌を患って、長い間入院していた。
父親は高い個室を手配したものの、見舞うことは少なかった。
母親が痛みを訴えると、幼い彼は事務所に父親を呼びにいったが、父親は仕事場から離れることがなかった。
ある夜、母親の容態が急変し、最後を看取ってもらうために亮は雨の中父親を探し仕事場へと走ったが、父親は「これは大切なショーだから終わるまで待ってろ」といい、そのまま仕事を続けた。
結局、母親は夫に看取られることなく逝ってしまい、あろうことか7日と置かずして父親はモデルと再婚したのだ。
だから彼はモデルを嫌い、決して女性服をデザインせず、母親の姓を名乗っているのだった。
更に亮は、小さい頃に出会った髪の長い少女の話を始め、穗があの時の少女だとはじめからわかっていたと告白するが、褚形の息子だと知ってしまった穗には、それが喜ばしい再会とはなりえなかった。

穗は最後のデートにと亮と遊園地にやって来て、普通のカップルと同じように楽しく遊ぶことにする。
そして夜になり、送ってもらった穗は彼を家へと招きいれ、思いを断ち切るために自分の髪を切ってほしいと頼む。
亮は「出来ない」と言うが、穗の決意は固かった。
はさみを受け取り、一房ずつ髪を切る亮。
この瞬間だけ、世界で2人きりのような気がして、穗は時間が止まってしまえばいいと思い涙するのだった。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
元・イマドキの台湾明星を語る。

台湾ドラマ・韓国ドラマ大好き!
最近はすっかりSHINeeに夢中。

★このブログは管理人の主観のみで形成されています。

☆ドラマは全て台湾版のDVDを見て書いてます。






最近のコメント



月別(表示数指定)



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



Copyright © 甜蜜的 難忘的 愛惜的 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。