04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方茱麗葉 第1話

2007.05.23 *Wed*

BSの「東京ジュリエット」、録画してるんだけど見てません。
せっかくなんで台湾版を見てレビューします。
台詞や細部で日本版と違いがあるかもしれませんが、何せオール中国語で見ているので不明瞭な点もあるかと思います。
どうか大目に見てください。
台詞部分ははしょって簡略化して適当に合わせてます。



第一話

5歳の時、母親と行ったパーティで迷子になった林穗は、少年にチョコレートを渡される。
長い髪を褒めてくれた彼のことを、彼女はずっと忘れられないでいた。
それが初恋となった彼女にとって、長く黒い髪は再会への目印となり、数年経った今も切らずにいた。


街中の大画面に映る、デザイナー・形のファッションショーを見上げ、人ごみの中目を赤くする穗。
それは感動の涙ではなかった。
形は彼女にとって宿敵そのものだったのだ。
そんな彼女に、突如青年が帽子をかぶせてくれる。
穗はその後ろ姿にかつての少年を重ねるのだった。。

デザイン学校の入学式で、生徒代表として舞台に立った穗は形を目の前に堂々の宣戦布告を果たす。
だがみんなの目には、生意気で自信過剰な女のたわごととしか聞こえず、嘲笑と敵意が向けられることになったしまう。
彼女の戦いの始まりは、孤独で厳しいものだった。
それほどまでに形を憎むそのわけは、ある賞を形が受賞したことから始まった。
デザイナー業界では、形の受賞作品で現在の人気を確率させた代表作、デイジーのデザインが、実は盗作ではないかという噂が実しやかに流れていた。
そしてそのデザインこそ、5歳の時に穗が投稿したものだったのだ…

ある日、穗は突然話しかけてきた斐美子と一緒に上級生の催すショーを見に行く。
メンズショーでは3人のモデルが登場し、その中に帽子の青年がいることに気付く穗。
彼は服飾科2年の紀風亮といい、女子生徒の憧れの存在だったのだ。
形を越えるまで恋愛を禁じている穗は、胸のときめきに戸惑ってしまう。

あなたのためにここに進学したのだという後輩に、厳しくつっぱね退学しろとまで言い渡す亮。
その場に偶然居合わせた穗は彼を責めるが、彼は逆に彼女に「学校に遊びに来てるんじゃないんだ」と強く言う。
彼にとってもデザインは人生の全てなのだ。

穗はみんなに押され、2日も学校を休んでいる亮を見舞いに行く。
そこで倒れている亮を発見し慌てるが、腹の虫を聞き、彼の為にミートソーススパを作ってあげることにする。
2人の関係はこれを機に柔和なものへと変化していった。

そんな穗を学校で呼び止め、「亮にまとわりついてんじゃないわよ」と絡む残念な感じの2人。
東方

そこへ亮がやって来て、彼女らに「俺らが仲がいいのは哥兒們(男友達)だからさ」と言い返すが、穗にはその言葉が複雑に響いてしまう。
だが亮に肩を抱かれ、「君は女らしいよ」と言われ、過度に舞い上がってしまう。

さらに次の日、自転車に追突されけがをした穗を、亮はお姫様だっこして険相を変え医務室へと連れて行く。
それを1人複雑な思いで見守る阿司
亮は「秘密交換」として、阿功と阿司の3人でお店を持つという夢を語ってくれる。
「でもあなたの店は二番目にしかなれないわ。だってわたしが先に形を越すもの。わたしの店がトップよ」と言い返し、2人は同士として微笑み合うのだった。


形の事務所研修に参加した穗は、デイジーのデザイン服を見つけて逆上してしまう。
その様子を見た亮に、彼女はついに盗作されたことを告白する…
穗のママは若いころモデルだった。
結婚後、パパは仕事をする一方でデザインの勉強をしていたが、一向にいい作品が出来なかった。
ある年、パパはデザイナーになる為の重要なコンクールに出品することを決意した。
パパに倣いデザイン画を描くのが好きだった穗は、ママの好きだったデイジーをモチーフにデザイン画を描き、パパの作品に自分の作品を混ぜコンクールに出品したが、翌年、形は自分の新作としてそのデイジーのモチーフを発表し、それが出世作となったのだ。
話を聞いた亮は激しく動揺する。。

ひとつのレビューを書くのに大体2時間かかります
日本版だったらもっと早いのでしょうが、台湾版にこだわっているため頑張ってちょっとずつ書いてます。
更新が遅いのであまり支持されない当ブログですが、これからも読んでくださいね

このDVDを買ったのは去年の11月で、現段階でまだ11話までしか見てません。
でもすごく好きなんですよね
亮の二の腕の太さに目を奪われることになるのですが、あと瀬穂の頑張りとか形のケン・ワタナーベのようなギラギラ加減もツボなのです。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
元・イマドキの台湾明星を語る。

台湾ドラマ・韓国ドラマ大好き!
最近はすっかりSHINeeに夢中。

★このブログは管理人の主観のみで形成されています。

☆ドラマは全て台湾版のDVDを見て書いてます。






最近のコメント



月別(表示数指定)



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



Copyright © 甜蜜的 難忘的 愛惜的 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。