11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : ☆韓国ドラマのお話

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の選択 最終回。。

2012.05.16 *Wed*
はーとうとう終わっちゃったよ「愛の選択」

pic15l_04.jpg

もちろんコ・ジュウォン(左)が一番のツボなんですが、ソ・ジソク(下の右)もラブ

pic14l_02.jpg

ジソクオッパー(言ってみたかったw)はわたしがダダハマリした「19歳の純情」にも出てました。
あの時はとんでもないブサだと思ってたけど、あれは衣装とカメラワークが悪かったのね。
このドラマは兵役後??

「トキメキ☆成均館スキャンダル」のジュンギもかっこよくてお肌ぷるぷる。
でもやはりジュウォンの方が数段セクシーなんですよね


ドラマの完成度はかなり高く感じました。
ベッタベタに血液で汚れた手でオペ室の受話器とったり、患者にひどい態度とったり「???」シーン多数あったけど…

ぜひ見て欲しい。
最後はもっとまとまって欲しかったけど、納得のエンド
スポンサーサイト

愛の選択

2012.04.30 *Mon*
最近、テレビでやっている「愛の選択」。
韓国ドラマなんですが、舞台が大病院の産婦人科のお話です。

20110724_2194307.jpg

最初はあんまり期待してなかったんやけど、すぐ虜になったよー。
イケメン勢ぞろい。
三人とも他のドラマで知ってたので入りやすかったな
サツマイモ色のオペ着がいいんですよー。

産婦人科にたくさんの患者さんが運びこまれてくるんですが、大病院は救急搬送が多いのなんの

まだ6話までしか見てないんですけど、印象に残ってるエピソード紹介
思いっきりネタバレです。


・2話「秘密」より

双子が誕生したのですが、第一子は健康、そして第二子は…深刻な魚鱗癬だったんです。
母親にはその子は間もなく死んだと説明し、父親だけがお見舞いに来ます。
いくら短命とはいえ、母親に一度も抱っこされずにいる小さな赤ちゃん。

この赤ちゃんは2週間ほどの命、といわれてたのですが、そのちょうど2週間で亡くなってしまいます。

pic05l_04.jpg

もう悲しくて目が見えないくらい泣きました
これがドラマなんてこと、忘れちゃいましたね(笑)


・4話「生と死の間で」より

妊娠中の女性が交通事故で搬送されてきます。
その女性は間もなく脳死するんですが、胎児はまだ生きていて、あと少し母親の胎内にいられればその後は保育器で育てられそう。
遺族は「栄養さえあれば子供は大丈夫だと子供を何だと思ってる」と明後日な非難。
また、助かっても障害が残るかもしれないという説明に旦那も「人の子供だからそんな簡単に産めって言えるんだ!」と逆ギレ…

それでも最終的には子供の命を選択しました。

子供を取りだした後、生命維持装置を外そうとする麻酔医に、旦那が泣き叫びながら「もう少し待ってくれてもいいじゃないか!」といい、最後の別れをするのでした…

うーん。かなり難しい問題だわ…
この旦那にも泣かされまくった。これ、ドラマ?!


・5話「痛み」より

複数の男に暴行されやって来た18歳の少女。
はすっぱな態度で「こんなことはどうってことない」と振る舞い、両親は娘の被害を逆手に加害者側から少しでも多額の示談金をせしめようとします。
娘の示談金は普通に生活費にあてたりするような両親。
「痛みなんて感じてない」と泣きながら言う彼女。
自分に言い聞かせるように何度も繰り返す彼女が痛ましかったです。。


こういうドラマって男の人はどんな感想なんかな?
妊娠・出産って簡単なことじゃないって知られてないもんね。

母親には感謝感謝


プロフィール

すみれ

Author:すみれ
元・イマドキの台湾明星を語る。

台湾ドラマ・韓国ドラマ大好き!
最近はすっかりSHINeeに夢中。

★このブログは管理人の主観のみで形成されています。

☆ドラマは全て台湾版のDVDを見て書いてます。






最近のコメント



月別(表示数指定)



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



Copyright © 甜蜜的 難忘的 愛惜的 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。